「英語とプログラミング、どちらを優先して学ぶべきか?」こんな記事を見つけました。

こんにちは、WEB事業部です。

「英語とプログラミング、どちらを優先して学ぶべきか?」こんな記事を見つけました。
なので、この問題に対して自分なりに考えてみました。

最近子供に対する英語学習とプログラミング学習についての記事をよく見かけるようになりました。

今後グローバル化が進むことや更なるインターネット、コンピューターの普及を考えると、
この2つの知識は今後必須になってくることは容易に考えらます。

なかにはこの2つをできなくても自分の仕事には関係がない。とおっしゃる人もいるが、今後、給与の高い仕事に就こうと思った場合、この2つのスキルがあるかないかで就ける職業の幅やもらえる給与は大きく変わってくると思います。

吐出した芸術的センスや専門的技能がある場合はそうではないかもしれないが、こういったセンスが技能をもっている人はもんの一部に限られるので多くの人にとって必要なスキルとなるでしょう。

では英語とプログラミング、どちらを優先して学ぶべきなのか?
この質問に対しどちらを優先すべきはどちらに興味があるかや自分がどちらに向いているか。を考えると言った答えを目にすることがありますが、私はそうではないと思います。

人があるスキルを身に着けようとする場合、そのスキルに対する必要性や重要度がそのスキルを身に着ける上で一番重要になってくると思います。

「好きこそ物の上手なれ」と言う言葉がありますが、確かに好きなことをするのは上達への近道の一つだと思いますが、それだけではやはり必要性や重要度以上に大事だとは思いません。

例えば、英語に興味がある人や好きな人はたくさんいると思いますが、実際そんな人で英語のスキルが高い人が一体何パーセントいるでしょうか?途中で挫折した人が何人いるでしょうか?

それに対し、実際に海外に住んでいる人や外国人の恋人がいる人で英語できない人が何人いるでしょうか?
海外に住んでいたり、外国人の恋人がいる場合はコミュニケーションをするツールとして英語(またはその他の外国語)のスキルは非常に重要です。たとえそのスキルを学ぶ意欲がそれまではなくても、必要性にかられたり、重要度が増した場合必ず勉強を行います。

好きであることや興味があることは確かに大事なことですが、やはりそれ以上に必要性や重要度が大事なのです。

では本題に戻って、英語とプログラミングどちらを優先して学ぶべきか?ですが、これを私の考えにあてはめるとどちらが必要性が高いか、重要度が高いかになります。

こう言うと、どちらのスキルも今は重要ではないし、必要性も感じないとおっしゃる方が出てくると思います。
ではそういった人の場合、自分が今もっとも必要なこと、重要性の高いことと、どちらがよりリンクするかを考えてみるといいでしょう。

例えば、今の自分にとって一番必要・重要な事が出世する事であった場合、出世するための条件にTOEICの点数が600点以上必要であれば英語の勉強をすればいいと思います。

また、お金を稼ぐことが一番必要・重要だとしたらどちらのスキルがよりお金に結びつくかを考えてみたらいいと思います。

英語の勉強をお金に結び付けようと思うと、例えば日常会話レベルのスキルがあるのであればオンラインの日本語レッスンサービスを行ったりするのもいいでしょう。

また、プログラミングのスキルをお金にに結びつけるのであれば、プログラミングの講師をしたり、自分でサービスを立ち上げたりすることも一つの手でしょう。単純にこの2つのスキルとお金を結びつけようと思った場合、私個人の意見としてはプログラミングの方がよりお金を得る手段が多いように思います。

英語については教室も多いし、義務教育で基礎を学ぶ為、プログラミングと比べてより身近になりつつありますが、プログラミングはまだまだ未知のものと敬遠されがちです。

しかし、今後その必要性を考えた場合少しでも早く学んでほしいと思います。
そのきっかけと自分にとって必要性の高いものや事とプログラミングの必要性を関連づけて勉強を始める動機づけにしてもらえればと思います。

top