表示速度アップのための画像圧縮サイトのご紹介

こんにちは、WEB事業部です。

webページを作成する上で、表示速度を上げる事は非常に重要な要素です。

例えば、Amazonの調査では、ページの表示速度が0.1秒遅くなると、売り上げが1%低下する。Googleでは、ページの反応が0.5秒遅くなるとアクセス数が20%低下すると発表されています。
また、2010年の春にGoogleが検索順位を決定する要素の一つとして表示速度を考慮すると発表しました。

では表示速度を上げるためにはどうすればよいのか?
最も手軽な方法は画像の容量を小さくすることです。

今回は弊社で実際に使用している画像を圧縮するためのサイトを2つご紹介いたします。
最大で90%以上の容量圧縮にも成功しています。

まずはこちら・・・

ご存じの方も多くいらっしゃると思いますが、「TinyPNG」です。
「Drop your png…」と書いてある枠の中にPNG画像をドラッグするだけで簡単に圧縮してくれます。
圧縮率も高く、一度使い始めるといろんな画像を圧縮したくなります・・・。

「TinyPNG」のサイトはこちら

続いてはPNG画像だけでなくJPEG画像にも使える「media4x.com」です。
このサイトは圧縮率を調整しながら自分の思ったクオリティまで調整できるので便利です。
使い方は「TinyPNG」と同様に対象の画像データをドラッグするだけなので非常に簡単です。

「media4x.com」のサイトはこちら
※現在このサイトは閉鎖されています。

初めて使用する方はその便利さと画像圧縮率の高さに驚かれるかもしれません。

是非一度使ってみてください。

top